雅希の徒然日記? 明日屋商い繁盛
日々の事柄や、ゲームでの徒然を語ったり語らなかったり。(マテ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
明日屋商い繁盛
2014-07-27 Sun 01:50


これの1~2巻をこの間一気読みしたよ(`・ω・)!







でもねこの本、1巻だけだとなんのこっちゃさっぱり~?(’△’)わけわかめ。 ってなっちゃうかも?

私も始めは絵が気になったので1巻を手に取ってみたのだけれど静止画は綺麗――なんだけど、絵にイマイチ動きは無いし主人公の秋緒くん(黒髪の子)は死にたがり症候群な事流主義者だし、彼の押しかけ夫(Not女房)なキッカも何がしたいのか良く分からない……。
なによりも妖怪のキッカとうり二つな秋緒くんのお友達・天宮氏くらいしかお友達は出てこないし。ほんと1巻だけじゃわけわからない感じで、私的に「あぁ、これは完全作者の趣味と自己満足の為だけに作られた本かな」って正直思ってしまいました。




そんな事を考えていたと思うと、
          正直、申し訳なかったと思う。



2巻を読んでそれらが総て伏線だったと知り、かなり驚きました(+△+)目から鱗がー・・・・・・!
1巻だけ読んだんじゃさっぱり分からなかった事が2巻になると「あぁ、これはそういう事だったのか……!と、見事に伏線回収されていき、尚且つ徐々にどうしてこういうちぐはぐな事になっていたのかという説明もきちんとされていました(・ω・)
勿論2巻でも不思議世界での不思議話は続いていたんだけど、読み返してみれば実はそこまでちぐはぐじゃなかったんだね。 って理解できてほっこり(=ω=)

最期にはキッカの意外な正体と、1巻ではあまりに穴空きすぎた秋緒くんのあの日の真実が――。

もうそこまでに辿り着くと涙腺は完全破壊ですよ(;ω;)!
絵がね。作者さん独特のあの硬直したかのような絵がね。お話に凄い合ってたとしか言いようが無くてね……!

最後の最後で幸せに生れた秋緒くんが見れて本当にほっとしました orz ハッピーエンドで良かった……



因みに1巻で一番好きだった話は第5話の『刀』
2巻で一番好きだった話は第9話の『火鉢/花嫁衣裳』

刀の話はちょっと蟲が出てきてえぐいので好き嫌いは分かれそうです(・ω・`)ウネウネ嫌ー
けれどガラクタの中で己を拾ってくれた秋緒を護りたいと思った刀、海嘯(かいしょう)が好き過ぎるっ!


――いつか誰かのために戦う日が来たとき
       千匹もの夜叉をも断つような名刀であれ


そう願われ生まれてきた刀、海嘯。
キッカと共に蟲を千匹切り、そして秋緒くんを守れた事に満足し刃を折った海嘯が好きすぎます!

※ 海嘯は刀です。


火鉢/花嫁衣裳の話は、どちらかというと火鉢の方が好きです(・ω・)
子狐の柿の葉くんがすっごい可愛い(’□’)!
秋緒と柿の葉くんのほんわか和みエピソードなのか……と、思ったんだけど(・ω・`)うぅ、まさかあんな事になるなんて……

――稲荷寿司おいしかったです……
   優しうしてくれてほんまに、わて、嬉しかった……











話の筋的に、多分これは全2巻っぽいなぁ……続刊、出るならちょっと気になるかな(=ω=) けどそうなるとまったく別物のお話になりそうだから、やっぱりここまでなのかな?

スポンサーサイト
別窓 | 腐女子的日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バトン貰ったよ~(・ω・)ノ | 雅希の徒然日記? | 買収>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 雅希の徒然日記? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。