雅希の徒然日記? 久々に好みのサイトを発掘しました b
日々の事柄や、ゲームでの徒然を語ったり語らなかったり。(マテ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
久々に好みのサイトを発掘しました b
2006-05-08 Mon 12:50


久々に好みのサイトを発掘した雅希です。
Roでは末っ子のマジwizになったりと少しずつ支援以外も進めてます。
(でもメイン支援だけどね)


まぁ好みのサイトって言ってもRo系統ではなく
今は無きコンパイル社のぷよぷよ&魔導物語の小説サイトだったり w

1芸で食べてきたと言われるコンパイル社。
魔導物語&ぷよぷよはキャラも可愛くストーリーも謎に満ちていました。
その中でも沢山キャラがいながらも、カップリングはいっさい無し(下手すれば禁止っぽくなっていた)というのが印象深いです。
まぁ、多少はokぽかったけど (汗


だからか。
人は様々なカップリングを作りたがり、私もその内の1人となり。
シェアル派と気づけばなっていました。
まぁそこは良いとして。



とかく、その見つけたサイトの表現力が私の琴線に大フィーバーしてしまったので
思わずお気に入り登録をぽちっと……にゃー(



そしてその雰囲気に飲まれたまま話を作ってしまったのでした w

(カップリング話じゃないけどね)










世界が崩壊する。





神が、死んだ――

長い長い時を超えた神との戦い-ラストラグナロク-が終わりを迎えたのだ。


しかし、その代償に失った物も多かった。




己を慕い、いつも傍にいた娘が死んだ。
――豊かな水晶色の髪は無惨にも地へと這い、勝ち気な瞳は静かに閉ざされていた

いつも己と衝突していた男が死んだ。
――黒一色のその服装に、緋色の鮮血が妙に鮮やかだった

常に笑顔を絶やさない少女が死んだ。
――天真爛漫でくるくると変わっていた表情は土気色となり、ぴくりとも動かない





徐々に狂い始めた輪廻を直すために仕掛けたこの大戦。
勿論、皆お互いに死を感じ取っていたりしていた。
だからといって……己だけ生き残るとは……予想などしていなかったのだ。
皆、ボロボロになりながらも生きて――お互いに勝利の喜びを分かち合えるのだと思っていたのだ。





僅かな誤算は、大いに己を苦しめる。




もう、目を開けることもない彼ら。






つっ――と、知れず涙が溢れた。










喜びの涙でも、悲しみの涙でもなく……ただ、生理的に流れる涙。
嗚咽も無く、かといってそれを拭える程には彼は強くもなく
目を閉じ、穏やかでとりとめのなかった日々を思い返すだけだった。



かの娘が・かの男が・かの少女が……
笑い、怒り、悲しみ……穏やかな時をのんびりと過ごしていた頃を……






「あの頃は……なんと輝いていた事か」







大戦の余波を受け、枯れ果てた大地にポツリと男の声は落ちる。
声と共に涙も地へと落ち……ゆっくりと大地へと浸透していく――

魔王と呼ばれた男の思いと魔力を含んだ涙は
ゆっくりと崩壊した世界に新たな生命力を芽吹かせて



魔王の思いを具現化するかのように、彼の記憶通りの穏やかな世界へと作り替えられていく。





泣いて、泣いて、泣いて……



己の思いと魔力が詰まった涙を大地へ分け与え。
魔王は世界を作り直した――。




そこには彼らがいて笑い合っている歪ながらも平和な儚い世界。
魔王の力のみで作り上げた儚い箱庭。




一時でも良い……
だから、どうか彼らの魂に安息を……



魔王は願う。
ただ彼らの心からの安らぎを……






己独り、深淵なる闇を抱え



      彼らの笑みを願う――










サーターンーさーまー…… (ぁ
ぇっと。
日焼けしたいからと言って、太陽を大きくしたり(その後墜落した太陽でハゲたり
年がら年中アルル(主人公)を追いかけては返り討ちにあったり(それはシェゾも50歩100歩)
サンタと(わざと)間違えられてはクリスマスコスプレを強いられたり
10万㌧で25歳だからといって10万歳サバよみしたりする貴方ですが。

大好きだー(ぇー


ぇっと、馬鹿話はほっといて……
魔導世界からぷよ世界に移行するによって、彼らは輪廻をかけた戦いを神へと挑みます。
本来魔導物語には壮大(過ぎる程)なストーリーがあり、ゲームになってるのはほんの部です。
(お子様にも見せれる程度の所って程かな)

そしてネタバレになるのですが、一度そこで彼らは死んでいます。
(歴史的レコードでは勝利後輪廻が完全崩壊と書いてあるので
 アルル達はいつ亡くなっているかは不明ですよ)
ぷよ世界は魔導世界の500年後の世界。
サタン様が作っています。


沢山の作者達が沢山の解釈をし、沢山の小説を作り出してきていたこの激動期→新生期の話。
私的にはこういった解釈をしていますが、気分を害された方がおりましたら申し訳ございません。
今はもうコンパイルは無くなり、アイキも別ゲームに力を注いでいるとあって、魔導の新作はほぼ絶望的ですが。
(まさかコンパイルが倒産してプヨ的資産→SEGA 魔導的資産→アイキにと分断されるとは思っていなかったので……)
私的には私なりに彼らの行動をなま暖かく見守りたいとも思ってます


追伸

ぷよをにこやかに虐めるアルルさんが見れないと思うととてつもなく悲しく思いまs









スポンサーサイト
別窓 | 謎-単体二次創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんってか…タイトル考えるのがメンドイ orz | 雅希の徒然日記? | ピンクのカバさんが西のお空を飛んでいる…・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 雅希の徒然日記? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。