雅希の徒然日記? メンテ、長いよ、飽きちゃうよ(ナヌ
日々の事柄や、ゲームでの徒然を語ったり語らなかったり。(マテ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
メンテ、長いよ、飽きちゃうよ(ナヌ
2006-10-24 Tue 17:19


メンテ3時間延長でフィゲルパッチ来るね(’’

でも、忍者もガンスリもする気無いから新しいDでも楽しみにしておこうかと思いつつ・・・


神様のプリが何歳か分からないし、出すならプリ(まきかゆき)なんだろうなぁと思うこの頃?

IN時間の違いで仕方が無いんだけど、ハムが構って貰えだすとズンズン成長しちゃうから
嬉しい反面、神様のプリに申し訳なくも思いつつ・・・


プリ出すのも嫌いじゃないんだけどねw
ただ知らない人たちの間で大人数支援するのは苦痛なのですy
(プリ2とかで、ちゃんとした構成なら好きなんだけどね)









火が、回る。
町へ、木々へ、城へと――


叫びが、泣き声が、悲鳴が、木霊する。

――タスケテ、嫌、死ニタクナイ



そして1つの国が傾き
新たな国が創られていく・・・






日々の柵から抜け出したかのような静かな森の中。
静寂に包まれているようで、その実木々のざわめきや鳥々の鳴き声が彩りをつけているこの空間に、ひっそりと彼女はいた。

森の中の少し開けた地に、彼女はその存在を隠すように蹲り、小さく目を閉じ微動だにしない。


薄い金髪の髪は、日に焼けている為か少し痛み
着ている物も、あまり豪華ではなく・・・質素に近い物。

だが、彼女は紛れも無く王族であり


先日火の海と化した大国の唯一の生き残りだった。



「今日も、懺悔の続きですか?」


彼女の傍に、音も無く近づく者が1人。
やはり、質素な服を身にまとい手入れがあまりされていない黒髪と顔を深いフードで覆っている男が呆れたように少女へ向けてつぶやいた。
男の登場に、彼女もチロリと視線を向けたが
直ぐにフィッと目を背けてしまう。
男も慣れているのだろう、小さく肩を竦めると少女の腕を取り立ち上げさせる。

「あの日、独りだけ生き延びてしまったことが・・・悔しいですか?」

目を閉じると、先日の地獄絵図が男の頭に蘇る。


火をつけたのは、王だった。


元々傾きかけていた国だったのだ。
そして、それが小国なら良かったのかもしれない・・・
大国故のプライドがあったのか、日々衰退していく国状を見ていられなかったのかもしれない。

王は、涙を流しながら火をつけた。
ただの火ではない。
王は、火の精霊と契約をしており・・・己の命を、国を火へと捧げたのだ。
王の意思を汲んだ火は高々に舞い上がり
瞬時で国中を火の海へと変えていった――



「父を、追い詰めてたのかもしれいから・・・」


不意に少女が喋った為、男の思考は現実に戻る。
慌てて彼女に視線を戻したとき、
意志の強そうな目はどこか遠くを見つめ、元々は手入れが行き届いてただろう柔らかな唇は今は硬く噛み締められている。

「追い詰めていたのは、何も貴方だけではないですよ」
「それも、知ってる・・・
 あの国は軌道修正が出来ないほど廃れていたもの・・・」

男が何かを言いたそうに彼女を見るが、気づいていても彼女は彼を見なかった。
許せなかったのだ。
火をつけた父も、何も出来ずにいた己にも、腐れ過ぎた大臣達も
・・・黙って父の言うとおりに国を沈めたこの男も、全てが。


「あの方が、全てに絶望しても尚、貴方様を案じておりました」
「それも・・・っ
 貴方に言われなくても分かってる・・・」

ギュッと、手のひらを握りつけて言い捨てるように彼女は男の発言を遮った。



そして、数歩歩いた後ゆっくりと振り返る。




「私、懺悔なんてしてないわ
 そんな事しても意味が無いと・・・私も貴方だって分かっているもの」


怪訝な表情をする男に向けて、少女は今度こそ振り返らずに歩き出し
祈りを捧げるように手を空へと向けた。


「私がここに来るのはただの自己満足である祈り
 今は亡き人々の為でなく、私の為・・・だから貴方が気にすることじゃないのよ」



男は王の為に動き
少女は己の為に動く。



日々国も動くし、人も動く
国が無くても、人は動く




彼らの動く先に何があるかは
今は誰も知らない――








書き逃げ(’’

 


スポンサーサイト
別窓 | 謎-単体創作 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あの頃聞いた、悲しい歌 | 雅希の徒然日記? | なんとなく色々リニューアル(という名のリサイクル>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 雅希の徒然日記? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。